外観

Land Scape

均整のとれた端正なフォルム。凛として都市に佇む存在感。先進の都市環境を背景に、そのフォルムは華美に走らない奥ゆかしさ。周辺に調和しながらも、確かな存在感を放ちます。外観には、都心だからこその落ち着いたアースカラーを纏い、ここに流れる時間の豊かさを語ります。出かけたくなる住環境と、帰りたくなる住空間。ワクワク感と安心感の絶妙なバランスが、時を経るごとに深まりゆく愛着を醸成します。

Design Concept 設計コンセプト 活気あるエリアに、潤いある非日常空間を。そんな想いを形にしました。通りから見えるアプローチには涼感あふれる水盤を、エントランスホール内にも涼しげなアクアリウムを配しました。お住まいになる方はもちろん道行く人々の目も愉しませる空間です。外観では、室内のコンセプトである「エレガントブルックリン」を表現。レンガ調の素材が織りなすボーダー柄が、同系色によるリズム感をもたらし、スタイリッシュな日常を象徴します。シンメトリーなそのフォルムは、どの方向から見ても端正な佇まい。そして植栽はリゾートを連想させる南国風の植物たち。人、街、水、緑によるエレガントな都市生活が始まります。

Entrance Approach

それは、都市空間のオアシス。潤いに満ちた第一印象。アプローチは、都市生活のサプリメントといえる「潤い」のスペース。色調や素材にも配慮した、優しさをもたらす空間。水盤はたんに水を湛えるのではなく、流れる動きが新鮮です。お住まいの方はもちろん、来訪者の心を、さわやかな清涼感で包み込みます。

Entrance Hall

こころやすらぐウェルカムゾーン。水のイメージをホールにも。水のアプローチを抜けエントランスホールに足を踏み入れると、そこは、街の喧騒とは無縁のこころ癒される空間。壁面に配したアクアリウムでは、魚たちが優美にお出迎えします。アプローチと連動した親水空間は、「グランフォーレ博多駅東プレミア」を象徴する意匠です。

  • ※掲載のCGは図面を基に描き起こしたもので実際と異なる場合がございます。

グランフォーレ 博多駅東プレミア

pagetop